たくさんの家具を安く運ぶための引っ越し代金を抑えたい

引越し料金ってやっぱ少しでも安くしたいよね。だって節約大事だから。

トップページ >

世間的にも、引っ越し先の挨拶回りはご近

世間的にも、引っ越し先の挨拶回りはご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも大事なものです。



贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方も多いようです。

引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記名しておけば完璧ですね。

引っ越しの時に荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、会社にもよるのですが、梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。でしたらなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。
それに、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても梱包を行った業者が責を負って荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。引っ越しは先週末に終わりました。新居に入った日、部屋の電気をつけて明るくなったとき「もう自分の家になったんだ」と思わずにいられませんでした。こんなこともめったにないので普段は食べられないようなピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきてみんなでささやかな乾杯をしました。新居での生活も楽しみいっぱいです。
年金生活になれば、誰でも今までとは全く違う生活になります。これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても生活そのものが大きく変わるとすると、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも賢明な選択だと言えます。

少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。

正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、来てもらう時間を取れない場合は電話でおおよその荷物の量を説明するといくらくらいかを教えてもらえます。
他の業者の価格を伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。どうにか時間を作って5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。

引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。



必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に破損する危険性が高まります。
。ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、特別な箱に詰めるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば相当気持ちは楽になります。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。忘れもしない、初めての引っ越しの時、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。


それらが、自分で作った陶器だったため、かなりショックを受けました。ですが、お金に換えられるものではないし、文句をつけたりはしませんでした。ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。引っ越しの荷作りをしているときになかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、もう使わないものが大半だったので自分に腹が立ちました。服なんて何年も着ていないものばかりでした。引っ越しが良い機会になって不要なものを片付けることができて、自分の持ち物も、自分の心もかなり身軽になれました。転居先がごく近所であれば専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物をコツコツ新しい住居に運んでしまいます。少量ずつ時間をかけて運んでいくことでたくさんの荷物を運ぶことができます。問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。この方法を実行できれば、費用はかなりコストカットできるでしょう。自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越しを行なうと、年金手帳の住所変更の事務手続きを行なうことになるでしょう。
手続きの期限は引っ越し後14日以内ですからなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。
本人が行けないということであれば、委任状と代理人がいれば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。事前にできる引っ越し準備の一つとして持って行く物と持って行かない物の仕分けをしてみたら、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。

家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについてはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。
粗大ゴミは、とにかくまず、自治体に粗大ゴミの処分について聞いて処分します。
自治体によりますが、処分場に持ち込んだりもできるようです。粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、計画を立てて捨てていくようにします。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。管理会社から物件の担当者が部屋に来て、破損などがないか細かくチェックします。
これを済ませて晴れて退去、となるのです。
それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。

引っ越し代を安く済ませたい方にとって、赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。

ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには他業者よりも強いです。

料金が時間制なので、ご自身でも運搬をすることで作業の時間を短くすることが可能です。


赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートに引っ越したのです。


最初の考えでは、3年くらいいたら実家の近くに転職したかったので住民票の移動をしないでおきました。

ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからの住所変更もありかな、と思っています。
引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。


「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、何年か後にくる次の更新時までは免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。

携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。



また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。



住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。

賃貸の部屋から引っ越しをする場合、ある程度きれいに掃除を済ませてから、退去しましょう。

具体的に何か、良い効果があるなどと言うことはできませんけれど、少なくとも、悪い印象を持たれたりすることはないはずで、このことが敷金返還のことなどに影響する可能性もあるでしょう。

ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、放置した方が良いでしょう。
頑張って擦り落とそうなどとやると、余計に傷口を広げることの方が多いです。就職で都会に出てきて初めて一人で生活することになりました。この時、部屋に持ってくる荷物が少なくて、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。
衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。


なので、トラックを使って自分で運ぶよりも相当安かったのを覚えています。

布団とか、ちょっとした家具とかはもう転居先で買おうと思っていました。


なのでこんなやり方もできました。よく知られているように、引っ越しの総費用というのは最初の想定が甘かったり、目論見が外れたりなどして、実は高額になりがちです。できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びも少し慎重になった方が良いかもしれません。



料金は、例え距離と荷物の数が同じであったとしても会社により、料金が変わってくることがあります。


そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。


幾つもあるサイトの一つを訪れ、必要な項目を書き込んで一括見積もりを依頼します。


そうすると各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できてわかりやすいです。家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。


しかし、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。

料金は料金としてちゃんと払うにしても、大変なお仕事を終わらせてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと各人に千円ほどを包むようにしているわけですが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。手際よく準備を進めていく行動色も、引っ越しには大事なのですが、覚えておかなければならないのはいかに費用を抑えるかということでしょう。

引っ越しの準備には何かと物入りになって、予定していた金額を超えてしまうことも珍しくありません。



業者に見積もりを依頼した時点で、出来るだけ安い業者を選べるかどうかが大切ですので、インターネットの一括見積サイトで複数の業者の見積もりをとって比較検討しましょう。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。
買うことや譲ってもらうこともできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、契約のお礼として引っ越しグッズを持ってきてくれることもあります。
契約が成立すれば無料なのに単なるお金の無駄にならないように業者に見積もりを頼む時にはしっかり調べておきたいものです。


どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?引っ越しの費用を抑えるためにも、まずは色々と情報を集めて目安を付けるための相場を理解することが必要です。

大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。


住民票の移動と連動する手続きが結構ありますが、その一つが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。

運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、住所変更の届は早く出した方が良いのです。

転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。

住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を提出して、届に記入すれば手続きは完了です。現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。


そこのお店で、私を担当してくれた方がとても丁寧に対応してくれたので安心し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。

近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できるということらしいので、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が要因だと言えます。



実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、手続きがややこしいという点が原因だそうです。水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。
出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターを選びましょう。複雑な準備作業も計画通りに進みます。荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、引っ越し作業を支えてもらえます。引っ越しで最も苦労する家具の運搬も誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、当日も計画通りに引っ越せます。一人暮らしの方が引っ越しすると引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。特にワンルームに引っ越す場合はかなりの面積を占めるのがベッドです。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう問題も起こるものです。そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を割り切って始めてみても家の中がすっきりしていいかもしれません。引っ越しの日取りが大体確定したら、簡単なもので充分ですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。

よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。ですが、ゆっくりのんびりし過ぎるとギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。


やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず梱包していけばきっと間違いはないでしょう。我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。

以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。

引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見しすぐに業者に電話をしました。どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。

その状態のままで荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。



他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので次は失敗の無いようにしたいものです。人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。


荷造りから荷解きまで全部を業者に任せることもできますが、これを選ぶと、当然それだけ費用がかかります。

荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、そうしたニーズにあった単身向けの引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。適正なコースの選択だけで、引っ越し費用はかなり抑えることができますし、得した分は、新居で始める生活に使うことができます。

大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がか

大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。
素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。
ですから、工事費の例としては、取り付け一台で大体一万円はかかるそうです。
もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合はそんなに高額になることはなさそうです。
しかし、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々よく検討しましょう。ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような悩みをお持ちではないですか。エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、考えることが多くて迷います。
エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。


自家用車も一緒に引っ越しする場合、車も住所変更の届を出さなくてはなりません。

そこでナンバープレートも変わるのかどうか心配になるかもしれません。
答えはシンプルで、変更されるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。
転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバーは変わらなくなります。
陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。



私たち一家の引っ越しの時は当時1歳になる子供がいました。引っ越して、小さい子でも新しい環境に慣れるまでの間、少しストレスを感じていたようです。引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものも片端から仕分けて捨てることになりました。
いろいろ片付けていて母子手帳を見つけて読み返してみました。一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。国民年金の人が引っ越しをすると、年金手帳の住所変更の手続きを行なう必要があります。


手続きの期限は引っ越し後14日以内ですから住所変更手続きをしてしまいましょう。ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。

何かの事情で、本人が出向けない場合、適正な委任状を作ればしかるべき代理人が手続きを行なえます。

引っ越しの日取りが大体確定したら、おおざっぱで構いませんので、準備の進め方を計画しておくと良いです。



よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、遅すぎる場合は間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから片付けていけばスムーズに進めていけそうです。
全国共通の引っ越し必須グッズがあります。

ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。

誰でも簡単に手に入りますが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までにおまけとして、梱包用グッズをもらえるケースが増えています。契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。賃貸住宅から引っ越すと、退去時に原状回復を求められますが、経年劣化は避けられないこととして考慮されます。


破壊や破損が明らかな箇所は入居者のお金で修理しなければならないことが一般的ですが、日焼けなどの退色や自然な質感の変化と見なされれば回復義務は発生しないのが普通です。


いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが次に住む人のため、そして自分のためなのです。

大がかりな引っ越しをするときには、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、あらかじめ終わらせておけることがあれば片付けておくことをおすすめします。



引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことはどんなことにも優先して終わらせておき、引っ越す日まで使いそうなものは、他の荷物と一緒にならないようにし、使いやすくしておいた方が良いでしょう。

近頃では、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという習慣が、一昔前からありました。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて「細く長く」お付き合いをという願いを込めたのと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですなんてシャレも効かせて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。いよいよ明日は引っ越し、という日には、何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。何時に業者が来る予定か、予定の作業終了時刻はいつかといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。



できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として飲み物を用意しておくことを忘れないでください。作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏場は本当に喜ばれるものです。
引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。


中でも特に重要度の高いものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。

普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は免許証がよく本人確認書類として機能しているため、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。


しかし、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。これについても警察署で手続きができますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。

そうすると二度手間にならずに済みます。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、いろいろな事情で、それが難しければ荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば一番適当なプランがわかります。あの業者ではいくらだったと伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。
できればいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


新居を建てて、数年前に引越しした際、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。
写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、クッション材はたっぷり使いました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートに引っ越すことになりました。


ここにいるのはせいぜい3年で実家の近くに転職したかったので住民票の移動をしないでおきました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、ずるずると居続けてしまい、結婚の話も進んできました。よく調べてみるとここの方が税金が安いのでこれからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。引っ越しに関わる手続きはたくさんありますが、大事なことに役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。

先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入手続きをするという流れになります。
転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと引っ越し先で転入届を出せないことにも注意しておきましょう。

この届が他の手続きの元になるので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。
固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考え直した方が良いでしょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などの手続きが必要になってきます。
書類の往復に手間取っていると、契約が成立するまで電話回線が使えないので、いわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く手を打つに越したことはありません。一人の引っ越しでは、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。



ロフトなしワンルームであれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の入り口からベッドを入れられないなどのハプニングも起こるようです。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を決断するのも結構適応できるのではないでしょうか。
もう長い間、犬とともに生活していますから、引っ越しをする時はペットが飼えるマンションでないといけませんからどうにかして見つけるよう、頑張ってます。ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、ドッグランや犬用の水飲み場といったようなしっかりした設備が揃ったマンションなら言うことはありません。

そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなってもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、不要品は必ず出てきます。様々なものを処分するのは大変です。

ぜひ覚えておいてほしいのは、多くの引っ越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。
一部のものは、引っ越し業者がもともと有料で処分するべきものを資源のリサイクルなどの名目で引き取り無料とする場合もあるため、問い合わせるだけの価値はあります。
賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、室内の状態をくまなくチェックする訳です。



これを済ませてやっと退去できる身となります。

全てに当てはまるわけではありませんが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。

返却漏れのないようにしましょう。コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は業者からレンタルできる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。


こういうケースがないと、普通のダンボールにたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。



新居に到着したら、開梱して衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


先週末に引っ越しました。
引っ越し作業が全て終わり、入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」と実感がわきました。



こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ない宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しのお祝いをしました。


まだ残っている片付けもがんばります。
家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。

そして、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。



お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。おつかれさま、とペットボトル一本と各人に千円ほどを包むようにしているわけですが、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。新生活を始めるにあたって、どうしても必要となる諸々の手続きと同様にインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。思うところがあって、プロバイダを変更したい時はこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、特に不満もなく、このままでいい場合は、今までの契約は維持し住所変更などの手続きを行ないます。

転居先で今までのプロバイダが利用できないこともあるため、確認は必要です。もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は工事などをすることになります。
ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。そこで担当してくれた人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。

他のところも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できるということを教えてもらいましたから、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。


作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては大切なのですが、最も大切なことと言えば引っ越し費用の節約です。引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、推定していた予算をオーバーしてしまうという話も耳にします。いかに安い業者に頼むのかが要点になりますから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。

冷蔵庫の準備とは、前の日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、そのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てればもう大丈夫です。
冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、購入するのも計画的にして、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。



ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。



包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、一個ずつ底から包むのが基本です。



新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと緩衝効果があります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、その部分だけを先に包んでしまいましょう。引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を悩ませているでしょう。引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば問題ありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。計画にゆとりがあれば多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。





Copyright (C) 2014 たくさんの家具を安く運ぶための引っ越し代金を抑えたい All Rights Reserved.
↑先頭へ